CYDAについて

CYDA (Children and Youth Development Association)は、1997年に発足したタイ北部チェンマイ県のNGO団体です。1998年7月に、タイ政府により公式に認可、登録されました。

 

CYDAの一番の目的は、恵まれない環境にある子どもたちを支援し、彼らの生活の質を向上させることです。特に、貧困や家庭の崩壊に苦しむ子どもたちに支援を届けたいと考えています。子どもたちは山岳民族の村の出身が多いですが、中にはタイ人の子もいます。より高度な教育の機会が得られれば、彼らの将来の可能性は大きく広がります。またCYDAでは、農業の知識や生態系環境の保護について学ぶ機会を与えたり、タイの文化や伝統の振興をはかったり、子どもたちの将来の成功と幸せのためにできる限りのことを行っています。

 

過去には、タイ政府や、日本の「世界のともだち」やドイツの”Hanns Seidel Foundation”、FTF (Funds for Thai Friends)のようなNGO団体、また個人の方が、CYDAの運営資金を援助してくださっていましたが、各国の経済状況の悪化により、その多くは打ち切られてしまいました。現在も援助を続けてくださっている「世界のともだち」や日本人、タイ人の寄付者の皆様には、心から感謝しています。

 

長期的な運営資金の調達のために、CYDAは新たにゲストハウスをオープンしました。CYDAのゲストハウスの最大の特徴は、タイの郊外での日々の暮らしを感じていただくことができるところです。手づくりのタイ料理や、タイ文化、山岳民族文化の体験など、ほかではできない経験をすることができます。ゲストハウスの収益は、すべて CYDAの運 営資金や活動資金に充てられます。

  • CYDAの目標

    1)恵まれない環境にある子どもたちや若者の生活の質を向上させるための活動を支援し、また取り組んでいくこと

    2)環境保護につながる教育活動を支援すること

    3)学校教育または日常的な教育の両方を必要とする子どもたちを支援すること

    4)タイの文化や伝統の振興をはかること

  • CYDAの活動

    1)安全な環境をする子どもや若者への「ハーフウェイ・ハウス」と呼ばれる寮の提供

    2)チェンマイのストリートチルドレンやスラム街に暮らす子どもたちへの技能訓練

    3)寮に暮らす子どもたちに、有機農業を行う機会を提供

    4)子どもたちのための図書室の蔵書の継続的な充実

  • 理事会メンバー

    1.  会長  - Mr. Sorn Pinaksornskul

    2.  副会長 - Mr. Surasak Hoonsuwan

    3.  事務局長 - Mr. Phusak Thammasarn

    4.  財務担当 - Ms. Inganit Sirinapapant

    5.  登録担当 - Mr. Chansiri Chensiri

    6.  受付  - Mr. Siripong Suvanasiri

    7.  広報 - Mr. Thawat Jitgarwin

 

Follow us on:

Copyright © 2015 Child and Youth Development Association. All rights reserved.  Privacy Policy